FC2ブログ

unmaker

いろんなとこで書き散らした絵のまとめ。18歳未満閲覧禁止です。
unmaker TOP > スポンサー広告> 落書き > 最近の

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近の

1361415006597.png
差分

2011/11/03の記事の4枚目の続き
1361290255732.png

私を殴った後、所長は「…臭そうと言ったな?じゃあぜひ、匂いを嗅いでもらおうか」と言い、
ペニスを私の鼻先に押し当ててきた。すえた匂いが鼻をつき、私が思わず眉をひそめると、
所長は満足そうな顔をしてこう言った。
「まず口で奉仕しろ。一滴もこぼさず飲めたら少し手心をくわえてやる」
私がおとなしく従うふりをして口をあけると、所長はペニスを押し込もうと、私の口に近付けた。
私はその一瞬を見逃さず、歯でペニスの包皮をくわえると、首を縦に振って思い切り引きずりおろした。
ビリッというような音がして、次の瞬間、匂い立つ白い恥垢にまみれたピンク色の亀頭があらわになった。
男性が初めてここの皮をむくときは、それなりの痛さが伴うと聞く。
所長も悲鳴をあげ、私の髪をつかんで滅茶苦茶に鞭で殴りつけた。
しかし私が皮を口から放さないでいると、面白いことが起こった。
初めて外気にさらされた亀頭には、私の息でさえ強い刺激だったのだろうか、
私の口を犯さぬまま、所長は射精してしまったのだ。
大量の精液をまき散らした所長は、腰が抜けてしまったのか部下の看守に支えられながら退室した。

その日はもう所長と会うこともなければ尋問も行われず、私は自分の房に戻された。
その前に看守たちにさんざん殴りつけられはしたが、私は少し満足だった。
所長は私から自白をひきだすこともできず、尋問相手にイかされるという無様な姿をさらしてしまったのだから…。

(追記)
拍手返信
>らすと~さん

そうですか、らすと~さんは右のほうが楽しそうとおっしゃるのですね。でももし、左のほうの
年齢がもっと幼かったら…?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013/02/21 12:00 ] 落書き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。